「ヨーロッパでの100日」読んでみる → http://bit.ly/1lKQ3pN




旅を愛する人ならば、一度は夢見る「ヨーロッパ旅行」

そして、旅人ならば一度は夢見る「旅先でのロマンス」


この2つがいっぺんに詰まった、人気の1作品。



K-1876


ヨーロッパ。プラハ行きの汽車に身を任せ

ひとり、バックパッカー旅行をする主人公。


言葉も通じない見知らぬ人とおやつを分けあったり

旅ならではの余興を楽しみながら

悠々と旅を楽しんでおります。


K-1877
K-1878
K-1879



しかし、世の中親切な人ばかりではありません。


K-1880

イビキの音に、足を蹴られる主人公…


K-1881



それが二人の出会いでした。



K-1882
K-1883


とことん嫌な感じの人と同室になってしまった主人公。
 
腹もたちますが、 それも旅行の醍醐味。
 
素敵なヨーロッパを楽しんだもん勝ちです。



K-1884
K-1885

K-1886


ヨーロッパを堪能する主人公ですが、

スリなどの犯罪が多いのもヨーロッパの特徴。

危険な目に合いそうなところを

偶然、あの男に助けられます。


K-1887


あの男。



K-1894



そして、ひょんな事から

旅の仲間に。



K-1893
K-1895
K-1892


しかし、第一印象通り、

性格の合わないお二人。



K-1897
K-1898



それでも何だかんだで、共に旅を続けていくうちに

少しずつ情が湧き始めるワケです。(お約束)



K-1889
K-1890
K-1891



ロマンスと共に、

一層深みを増し始めた二人の旅。



K-1903
K-1904
K-1905


ライバルもあり、


K-1907


葛藤もアリ。


K-1902

そして、深まる感情あり。



K-1904
K-1903
K-1905





アナタの夢見る、そんな世界が

美しい水彩画風の絵で織り成される物語。




K-1906


「ヨーロッパでの100日」

読みに行こう → http://bit.ly/1lKQ3pN





K-1899