『骨と肉』
読みに行く → http://bit.ly/1lZWB3e



ここからは

「変態」というワードがちらほらと出る予定ですが



ここで言う「変態」

べつに悪気をこめているワケでは無く

単に「風変り」というか、ズレている…という

ある意味参照的な意味がこもっております。
 


「骨と肉」

アートでセクシーなマンガです。



K-1841


いきなり主人公がヌードで初登場というアートっぷり。


さすが変態…いや主役は格が違います。

しかもヌードモデルは隠れて営む副業で

本業はお医者さんという変態変わり者ぶり。



K-1842



そんなある日、

ムチムチの若いお嬢さんにデッサンされている事に気が付きます。



K-1843
K-1844


しかも、そんな日に限ってスケベなアクシデントは起こるもので。


K-1845


そしてこの初々しい反応である。


K-1846


変態・ロックオン。


K-1847


「自ら運転し来る」という捕えどころが

また彼の変態らしさ変わりっぷりを際立たせている気が。


K-1848


そして変態は手が早い。


K-1849


出ました、迷言…いや名言。

「僕と芸術してみないかい?」


K-1850
K-1851


ぐいぐい口説きにかかります。


K-1852

牧野ダレダヨ・・・


こんな状況で別の女性の名前を出すという高等手段に出る主人公。

さすがです。

しかしこの牧野という女も主人公に負けず劣らずの変態女。


K-1853


10年前。主人公は高校生。

非常に美しい体の牧野を隠れてデッサンするのが趣味。

さすが三つ子の魂百までとはよく言ったものです。


K-1854
K-1855
K-1856


だが彼女も負けてはいなかった。

見事な痴女ぶりで主人公を誘い出します。


K-1857


牧野の導くまま、オトナの世界へ突入。


K-1858


K-1859


K-1860


目がヤバいです。


K-1861


そうやって女のカラダを知った主人公。


K-1862


そして新たなターゲット、多美ちゃんへ。

実はこの多美ちゃんも、

負けず劣らずの過去を持っていらっしゃるらしく。


K-1863



彼女のトラウマは、なんと実のお姉さま。


K-1864


最初はただの仲睦まじい姉妹かと思いきや


K-1865



何か猛烈にずれている事に段々気が付きました。



K-1866









K-1867



はい、アウト。





しかし、純真無垢な多美ちゃんは

お姉さんの執着には無頓着。



K-1868
K-1869
K-1870


妹への劣等感・所有欲・嫉妬で壊れていくお姉さんに気が付きません。


K-1871
K-1872



そして、大事件。

盛大なネタバレになるので、

この辺は直接お読みになった方が良いかと。

とにかくまぁ

こんなそんなでトラウマを抱え

結果として愛情に飢えてしまった多美ちゃん。



K-1873

K-1874




見事、

変態かっこうの餌食となってしまうのでした。




変態医師、牧野、姉、多美ちゃんの織り成す

情熱的で熱い熱い、セクシーな熱愛マンガ

『骨と肉』

読みに行く → http://bit.ly/1lZWB3e

なかなか面白いです。どうぞご堪能あれ。



K-1875